蒟蒻製造について

Japan brand

日本の蒟蒻文化を世界へ


蒟蒻は、古くから日本で食べられて来た伝統食品です。

蒟蒻は、いろいろな味付けができることと、弾力ある独自の食感が好まれ、江戸時代には蒟蒻料理82種を紹介した書物『蒟蒻百珍』が出版されたほどです。また「お腹の砂払い」とも言われ、整腸効果が昔から注目されてきました。
おでんやすき焼き、煮物、和え物など和食に欠かせない蒟蒻ですが、近年は健康食材としての側面も注目され、さまざまな加工食品に用途が広がっています。

  • イメージ
  • イメージ

世界が注目! 奇跡の食材『蒟蒻』

蒟蒻の原料は蒟蒻芋ですが、芋と言っても炭水化物は含まず、食物繊維が豊富でほとんどカロリーのない健康食品です。ゲル状なのでさまざまな形に加工でき、弾力と粘りのある食感を生かして、米や麺など主食の代用品、サラダの材料、デザートなど、多彩な食品が開発されています。
海外でも、「白滝」が「ミラクルヌードル」と呼ばれパスタの代用品として定着するなど、食事とダイエットが両立できる奇跡の食材として注目を集めています。
和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統食に関心が高まっている今、伝統食材の蒟蒻も新たなステージで飛躍する好機を迎えています。

  • イメージ
  • イメージ

蒟蒻製造工程のシステム化を推進。

弊社では板蒟蒻や糸蒟蒻など各種蒟蒻の製造機械から、蒟蒻細工加工機、練り機、専用包装機など、高性能でアイデアに満ちた多彩な製造機械を提供しています。 蒟蒻のポテンシャルを生かしたさまざまな商品開発と、量産体制の構築が可能です。これまでになかった新しい発想により、蒟蒻は健康食としてさらに市場を広げていけることでしょう。

  • イメージ