蒟蒻細工加工機

三角蒟やサイコロ蒟、たづな蒟、白滝小縛り、串さし、
大玉カットなど蒟蒻細工機械シリーズのラインアップです。

大判筋入り細工カッター

イメージ

イメージ

両面『かの子』に筋入れして「三角蒟」、
「サイコロ蒟」等に加工します。

  • 「まくら」を丁切りし、1丁単位で両面に筋入れカットをした後、三角、サイコロなどに加工します。
  • 大判蒟蒻連続製造装置や包装機と連動可能で、業務用大袋のほか、小袋製品も商品化できます。
  • 現在使用中の「まくら」サイズに合わせてカスタマイズします。

大判細工カッター

イメージ

イメージ

大判蒟蒻(まくら)から直接「短冊」、「三角蒟」、
「突き蒟」等の細工物を加工します。

  • 「まくら」を丁切りした後、まくら単位で細工加工するので、業務用大袋製造に最適。
  • 細工カット刃の交換で「サイコロ」、「短冊」、「三角蒟」、「突き蒟」の細工カットが可能。
  • 細工カット刃を外せば、まくら単位の丁切りカット機に。
  • 動力はエアのみ。機械の据え付け場所を選びません。切断作業には安全機構を採用。

たづな蒟蒻製造装置

イメージ

イメージ

伝統的な蒟蒻の細工物である「たづな蒟」を
連続して加工します。

  • 1丁の板蒟蒻を一定の厚みに揃えてカットした後、「たづな」に加工する従来にない製造機です。
  • 1台(2連)で、1日約1300丁の板蒟蒻が加工可能です。
  • 運転中の作業は板蒟蒻の供給と製品の取り出しだけ。パートさん1人で数台を管理できます。

串さし機

イメージ

イメージ

両面『かの子』筋入れが可能な串さし機です。

  • 串整列は自動供給で、わかずか0.5坪のコンパクト設計。
  • 筋入れ刃(オプション)で、たれののりがよい両面『かの子』ができ、商品の差別化ができます。

白滝カッター

イメージ

イメージ

炊き上げられた白滝や帯蒟を整列後、
回転式カット刃で切ることで定寸法性を向上。

  • 回転式カット刃の回転数は、インバータで簡単に変更できます。
  • 刃の回転を止め回転式カット部をワンタッチ移動すれば、レギュラー包装に切り替えができます。

2mm角白滝機

イメージ

イメージ

能 力 最大15リットル/分の白滝製造
炊き上げ時間 約5分(50m×2段)
炊き上げ温度 60~90℃
使用水量 1800リットル(起動時)
使用電力 200V 3.35kw
オプション シスタンク、間接加熱湯沸かし仕様、
ワンタッチ式目皿ホルダー、プレス式糸蒟カッター、
取り出し増設コンベア

平こんカッター

イメージ

イメージ