練り機

全機種、メンテナンス性、操作性に優れたインバータ仕様です。
本体は衛生的な構造のステンレス仕様で、
糊吐出量や糊質に合わせて吐出ポンプを選択できます。

糊を傷めない2ローターのロータリーポンプと、セラミック製のケーシングと樹脂ブレードを組み合わせた1軸変芯型のバイデルポンプ、高い吸引力を持つモーノポンプの3タイプ。

練り機

M-30RA ロータリーポンプ仕様

大造用 M-40R M-30RA ロータリーポンプ仕様

M-30RA バイデルポンプ仕様

M-10RA ロータリーポンプ仕様

型名 M-30RA M-30RA M-40R M-30RA M-10RA
仕様 ロータリーポンプ仕様 バイデルポンプ仕様 モーノポンプ仕様 ロータリーポンプ仕様
吐出量 Aタイプ: 4~23ℓ/分
Bタイプ:13~40ℓ/分
Aタイプ: 4~23ℓ/分
Bタイプ:13~40ℓ/分
M-40R :20~40ℓ/分
M-30RA: 4~23ℓ/分
4~10ℓ/分
使用電力 200V 3.2kw 200V 3.2kw 200V 3.2kw 200V 1.7kw

吐出自動制御計

製造現場の長年の夢であった、練り機の自動化に一歩近づきました。吐出ポンプのインバータ化により、ポンプ回転数の自動制御が可能となり、より一層定量性と吐出安定性が高まり、製品歩留まりが向上します。

  • ポンプ出口に電磁式流量計を取り付け、測定結果と設定数値を常に比較し、吐出ポンプ回転数を自動的に修正します。
  • 本ホームページに掲載の当社インバータ制御方式すべての練り機に取り付けが可能です。
  • 移動式も可能です。(オプション仕様。一部改造を必要とします)

イメージ イメージ

目詰り防止装置

白滝製造における製造ロスの原因となる、目皿交換による練り機停止を最小限とし、定量性と製品歩留まりを向上します。

  • 当社練り機のすべてに、簡単に取り付けができます。
  • 目皿の詰まりの原因となる糊中の異物や石灰粒を微細化し、目詰りを防ぎます。
吐出量 5~40ℓ/分
使用電力 200V 20w

イメージ

石灰水送入機

  • 沈殿を防ぎ均一の石灰水を維持。
  • 練り機へ一定量の石灰を送るため、PHが安定。
  • 原料1俵分の製造に適しています。
容 量 150ℓ
機械寸法 W550.5 × L550.5 × H1080mm
使用電力 100V

イメージ

サニタリーポッパー

蒟蒻をはじめ食品業界を取り巻く環境が衛生面についてたいへん厳しくなる中で、従来のホッパーに比べサニタリー化、省電力化を向上。各作業の終了を各色の光と音で知らせる親切設計になっています。大きさは次の3タイプ

イメージ

D H1 L1 W1 W2
900型 φ953.5 1945 775 775 680
1200型 φ1112.5 1945 875 875 680
1600型 φ1271.5 2160 986 986 830

イメージ