スタンディングパウチ Onpack Stand Up Pouch

高いディスプレイ効果の期待できる人気の高い包装形態です。

ONPACK特有のロールフィルム供給方式により、従来のスタンディングパウチ製袋方式に比べ、大幅に包材ランニングコストを削減することが可能です。パウチの形態やサイズ、デザインカットの形状、口栓形状など様々な選択が可能な「柔軟性」を持ち、最新のテクノロジーである超音波シールユニットやTパウチタイプも登場するなどバラエティーに富んでいます。

イメージ

多様な選択ができる柔軟性

フィルム供給や口栓供給、製袋、充填、デザインカットの5つの機能を持たせた「オールインワン」モデルで、パウチの形状やサイズ、デザインカット形状、口栓形状などで、様々なタイプが選べる柔軟性を持っている充填包装機です。

超音波シール

温度のバラつきがないシールを可能にした最新のシールテクノロジーです。温度上昇にかかる時間が不要でシール時間を大幅に短縮し、生産性の向上を図れるほか、製品への熱影響が少ない、ホーンは発熱しないので周りの温度を常温に保てるといったメリットがあります。

イメージ

スタンディングパウチラインナップ